一般小説作品詳細

駄文倉庫

73|その他|連載中|23話|56,102文字

3,308 views

過去に書いたいい加減な文章を置いておきます。

表紙には「ロン様」に描いて頂いた「陶様」アイコンを貼っています。
駄文の山だけど、全てに陶様出ているので……

もくじ

登場人物紹介

伊藤愛(いとうあい)

ブラック企業社員。「陶様」をこよなく愛する怪しげな女。かつて趣味で「陶様」を称賛する「小説」を書いていた。完全なる「趣味」であり、書いた物は文字通りの「駄文」の山であった。

どうやら、物書き界隈でのあれこれに疲れ果て、今は書くことをやめたようである。

陶様(すえさま)

戦国時代の武将・陶隆房のこと「らしい」。怪しげな趣味物書き鈴木愛によって、様々な脚色を施され、神格化された。ただし、それが元の「陶様」にとって、有り難いことであるのか、迷惑なのか、本人が過去の人物である以上感想を聞くことは困難である。少なくとも、「駄文」によって、浄化されるはずがないから、恐らくは「貶め」られているに違いない。

※アイコンはロン様※

小説情報

駄文倉庫

市杵紗江  harukata_35

執筆状況
連載中
エピソード
23話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
総文字数
56,102文字
公開日
2019年03月19日 18:23
最終更新日
2019年08月25日 22:12
応援コメント数
1

応援コメント一覧

優しいですね

あなたのお人柄が文章にも出ています。とても。優しい人なんですね。( ̄ー+ ̄)キラリ

作者プロフ

市杵紗江  harukata_35

いちき・さえ
陶隆房様命の歴史に詳しくはない変な歴女。
なろう&カクヨム等で駄作書いていました。
が、ユーザー間トラブルでぶっ壊れ、アカウントと作品を全削除。
現状ここだけで、ひっそりと隠れ潜み中。
アイコンは「おきらく」さん。
Twitterはフォロワーさん全員読めなくなるので非公開です。ご用の方は個別に連絡下さい。


この作者の他の作品

小説

5422|歴史|連載中|344話|569,371文字

2019年12月05日 21:54 更新

大内義興, 陶武護, 大内政弘, 陶弘護, 大内家, 陶家, 北辰降臨, 室町幕府

大内家が最も隆盛を極めていた時代、当主であった義興様。 その幼き日々から、青年当主として実力を発揮し、やがて幕閣の一員となるまで。...

チャット

60|歴史|連載中|3話|7,902文字

2019年12月04日 23:57 更新

室町時代

「何? 世の中は室町ブームになっておる、だと?  それなのに、どこぞの馬鹿者は大内家なんたらのチャットノベルとやらに手を出し、しかもエタっておるそうだ。...

小説

56|その他|連載中|7話|5,902文字

2019年10月31日 23:32 更新

表紙絵, イケメン, 美少年, BL, イラスト集

私の拙き作品に沢山の方々が素敵なイラストを届けてくれました。 もう、駄文などお読み頂かず、美麗イラストで全てをイメージして終わりにしていただいたほうがいいような(^_^;)...

小説

532|歴史|連載中|157話|299,003文字

2019年10月30日 00:18 更新

戦国時代?, ちょこっとBL, タイムマシン, 瞬間移動装置, 大内家, 陶隆房, 歴史SLG

聞いたこともない弱小大名家当主の弟・千寿は従属先の大大名家の人質だった。更に、その大大名家の殿様はとんでもない稚児狂いでその玩具にされる悲惨な毎日……。そんなある日、空から一人の怪しげな男が降ってきた……。「山田」と名乗るそ...

チャット

92|歴史|連載中|5話|12,770文字

2019年09月06日 23:31 更新

様々な駄文を書いていたらそのうち歴史も調べ始めた。 論文かいてもつまらんので、適当に駄弁っとく。 マニアックな人しかわからない大内家の人や物について。 最近読んだ歴史書のこと。 ゲームのこと。...

小説

77|歴史|連載中|19話|34,086文字

2019年09月05日 05:54 更新

陶隆房, 大内義隆, 大寧寺の変, 厳島の戦い, 大内家, 妖(あやかし), 戦国時代, 謀叛, 毛利家, 永遠の愛

戦国時代、西国の大大名・大内義隆は男色趣味の度が過ぎた人物として有名。その寵臣・陶隆房はかつての己と同じく、義隆の寵愛を受ける少年・千寿と密かに思いを寄せ合っていた。幼い思い人は隆房に、「殺しちゃおうよ」という恐ろしい言葉を...

小説

133|歴史|連載中|46話|79,696文字

2019年09月01日 01:47 更新

悲恋, 戦国時代, 大内家, 女武者, 大寧寺の変, 月山富田城の戦い, 陶隆房

戦国時代、周防の大名・大内義隆の娘・辰子は、公家趣味で戦嫌いの父とは正反対。武芸を好み、領土の拡大を夢見ていた。しかし、女であるという理由で、家を継ぐことも出来ず、いずれはどこかへ嫁に出されてその生涯を終える定めであった。...

小説

73|その他|連載中|23話|56,102文字

2019年08月25日 22:12 更新

過去に書いたいい加減な文章を置いておきます。 表紙には「ロン様」に描いて頂いた「陶様」アイコンを貼っています。 駄文の山だけど、全てに陶様出ているので……

TOP