作品数18
総合評価数841
総合PV数49,082

作者ブックマーク

ジョージ・Fさんのプロフィール

私なりにたどり着いた「場所」という考えを自ら整理しながら、わかりやすく届けていきたいと思っています。
2013年6月に文芸社より『東京の知恵』(エッセイ集)を自費出版したことがあります。(ペンネーム水鳥翔にて)
1956年生 岐阜県出身です。

ジョージ・Fさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    トミーという場所

    現代ドラマ・社会派

    • 18

    • 971

    • 0

  • 一般小説

    「小さな手」が生んだ場所

    社会・思想

    • 19

    • 562

    • 0

  • 一般小説

    侏儒の徒口

    ノンフィクション

    • 117

    • 9,216

    • 1

  • 一般小説

    忘れられない友達

    ノンフィクション

    • 38

    • 1,127

    • 0

  • 一般小説

    放屁と場所

    ノンフィクション

    • 34

    • 1,573

    • 0

  • 一般小説

    ヤモリと家

    ノンフィクション

    • 30

    • 1,380

    • 0

  • 一般小説

    日本の桜・東京の桜・日本人の桜

    ノンフィクション

    • 29

    • 1,483

    • 0

  • 一般小説

    銀座の賑わい考

    社会・思想

    • 99

    • 5,061

    • 0

  • 一般小説

    坂という場所

    社会・思想

    • 31

    • 1,294

    • 0

  • 一般小説

    日本橋の麒麟

    ノンフィクション

    • 40

    • 1,487

    • 0

ジョージ・Fさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 御母堂

    御母堂のご冥福を祈念申し上げます。

  • わたしも大きなのっぽの古時計好きです

    はじめておたよりします。 古時計という言葉だけで、きっとこの歌のお話だなと、クリックさせていただきました。 私は、詳細な解釈は勉強不足でよく知らなかったのですが、日本語の訳バージョンを聞いた時には、漠然と、おじいさんの他界後もしばらく…つまり100年間動き続けていたけど、ある日…たぶん百年目に…止まってしまって、もう動かなくなった・・・という意味だと解釈しておりました。 きれいな花嫁やってきたその日も動いていた・・・この部分でなぜか、涙がにじみます。 結婚って、ドイツ語でホッホツァイ ... 続きを見る