セリフ詳細

 道教は、春秋戦国時代に道家老子荘子)の唱えた老荘思想が、陰陽五行説などの民間信仰(アニミズム)と習合しながら発展し、北魏寇謙之によって大成された多神教であり、儒教仏教と共に「三教」と呼ばれ、漢族を始めとする中華文化の民族宗教として知られています。本稿では、道教が日本民俗宗教に如何なる影響を与えたのか考察します。まず、我が国とも共通する天体崇拝として、北極星に対する道教の信仰を取り上げ、次に、道教と日本宗教の連関に言及されている文献を拝読し、私達の心の中にある「道教」を見出したいと思います。

作品タイトル:地球研究会

エピソード名:道教と日本 ―天体崇拝を中心に―

作者名:スライダーの会  slider

37|科学|連載中|31話|202,125文字

科学, 創作論・評論, 社会・思想, ファンタジー

35,037 views

 地球研究会は、私達が暮らし生きる地球世界を学び、その中に存在している自己を見詰める、総合的ネットワーク・サークルです。
主として國學院大学・法政大学・星槎大学などの学生・卒業生らが参加し、論考を投稿しております。