セリフ詳細

(吐き捨てるように)


オーストリア軍がパリに入ってきた時、パリのみんなは叫んだものさ!


「店を閉めろ! 略奪されるぞ!」


ってね!

作品タイトル:ナポレオン2世ライヒシュタット公/スウィート・フランツェン

エピソード名:第16話 年寄りの気難し屋

作者名:せりもも  spielen

15|歴史|完結|35話|51,000文字

萌え, ナポレオン, ハプスブルク家, 家庭教師, 宮廷, (殿下許して)ショタ, かわいい, けなげ, 歴史, 【骨太小説】

7,231 views

ナポレオンの息子についての、知られざる物語です。彼自身や周囲の人の、実際の言動を元に構成しています。

父ナポレオンの没落に伴い、母の国、そして、父の敵だった国、オーストリアへ引き取られたローマ王フランソワ(フランツ)。新しく「ライヒシュタット公」の身分を与えられた彼は、父ナポレオンを忘れ、オーストリアの皇族として生きるのか。それとも……。

フランツは、2歳で父と引き離され、5歳で、母とも遠く離れて暮らすことになりました。言葉もわからぬ中、たった一人、ウィーンの宮廷に置き去りにされた彼の奮闘が始まります。

①巻では、憎いナポレオンの子、かつ皇帝の孫という、複雑な立場の少年に対する周囲の反感や戸惑い、家庭教師達との攻防(彼はなかなかアレです)などを中心に、その健気な少年時代をご紹介します。


※元となった小説は、カクヨムさんで完結してます。
※パブリック・ドメイン作品を含め、画像の引用元は、最後にわかりやすく表示致します。