永遠に、ぼくの心を

作者 春乃光

[恋愛・ラブコメ]

3

27,284

0件のファンレター

幼馴染で初恋相手の田代章乃は立花健祐の前から突然姿を消した。

年に一度の『交換日記』の約束をして、誰もいないホームで初めての口付けを交わしたあと、彼女は列車に乗り込み、こちらに向き直ると涙を滲ませながら叫んだ。
ドアが閉まったあともしきりに何かを訴えかけていたが、全く聞き取れない。
結局、分からず仕舞いでそのまま別れたのだ。
それが章乃を見た最後となった。
お互い17歳、高二の夏休み初日のことである。

   ……

そして十年の歳月が流れ去った。

毎年、章乃から年賀状だけは届くが、転居先の情報はなく、旧住所のみが記されているだけだ。
連絡手段もない。
依然章乃の消息は不明のまま。

健祐には腑に落ちないことばかりだ。
「なぜ章乃は自分の元から姿を消したのか?」
「今どこにいるのか?」
「なぜ自分を避け続けるのか?」
「章乃の身に何が起こったというのか?」
全てが謎のまま置き去りにされてしまった健祐。

健祐の心には未だに章乃だけが住みついている。
そんな健祐を見かねた会社の後輩、三枝文(健祐に心を寄せている)が、謎を暴くべく、章乃からの『最後の手紙』を唯一の手掛かりに、章乃捜索の旅に健祐を強引に連れ出す。が……

次の土曜日、健祐は同窓会で帰郷。
会場へ向かう前、章乃の旧宅へ向かう。
その場所で健祐は目の当たりにした!

   ……

 「愛も命も分かち合える」と今も信じる健祐。
 一途に章乃だけを求め、再会の旅路の果てに辿り着いた健祐を待ち受けていた運命とは?

 『十七才の晩秋』
 この言葉に秘められた真の意味が明らかになったとき、健祐のとった行動は?

 健祐と章乃、それぞれの愛の形とは? 

 二人の切なく、純な恋心の行方は? 


※《◆奇数節》《◇偶数節》で視点を変えて物語は展開します。

(他サイトでも公開中)

ファンレター

ファンレターはありません