あいつをどう思ってるか知らないが

作者 hyoudo

[ファンタジー]

11

329,005

0件のファンレター

 新学期を控えた田舎町の春休み。
 ある日、不思議な少年が、ちょっと頼りない父親と引っ越してきた。
 山の神を迎える神楽はもうすぐ。
 いきなり祝詞を挙げさせられる羽目になった少年は、どうしても口にできない言葉があった。
 相方にさせられたのは、ちょっと自意識過剰な少女。
 怒ったり宥めたりすかしたり、ちょっとムキになって少年の面倒を見る。
 そこへ割って入るのは、地元でくすぶる屈折した少年。
 くちずさむのは、妖しい呪文。
「ほのたつや、ほのたつや、ひと・ふた・み・よ、ほむらたつ……」
 春の嵐が、雷鳴と共にやってくる……。

(『小説家になろう』様『カクヨム』様との重複投稿です)
http://ncode.syosetu.com/n2224dd/
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880280721

ファンレター

ファンレターはありません