春の頃、さよならを言えない俺に、じゃあ、また。

作者 藤野ひま

[学園・青春]

9

6,522

1件のファンレター

今日、俺は高校を卒業する。捨てたい想いを抱えたまま




※他サイトからの再掲になります。

ファンレター

【好きな一ページを読んで感想という企画より】P5

【感想】
P5.選ばせていただきました。

タイトルの意味が色んな風に受け取れる作品。余韻を残すスタイルが印象的である。(ページの終わり方)
このページから伝わってくるのは、好きな人との大切な時間について。彼はこの時点で、自分の恋の行方に気づいてしまっている。それでも、思い出は自分だけのもの。宝物の時間なんだよ、という事が伝わってくるため、切なくなり、泣きたくなった。
恋愛は一人でするものではないので、うまく行くこともあれば行かないこともある。
もし、うまく行かなければ、いつかそれを思い出に変えなければいけない。
この物語では、どんな結論を出すのだろうか?
”また”が何に対してなのかによって、きっと未来も変わるのだろう。いろんなラストを想像してしまう物語だなと感じた。

返信(1)

感想ありがとうございます!
なんだか自分の作品が好きになる感想をいただきました。
それに、そうか、こんな話だったのだと、改めて自分で認識しました。(いままでわからなかったのかい、って感じですが)
嬉しいです!ありがとうございました。