お椀に映る少女

[健康・医療]

51

6,981

5件のファンレター

 訪問介護員の主な仕事内容は、自宅で生活をしている障害者や高齢者の食事や排泄の介助であったり、料理、掃除等の家事援助を行うことである。
 介護士の女性・胡桃沢は料理をすることが苦手なのに、この「自宅での生活を支える」訪問介護の仕事をすることになった。
 そんな彼女の初めての訪問介護を通して、高齢者の心理を描いた超短編小説。

ファンレター

尊敬しています

仕事柄、私も訪問介護の方にお会いすることがあるのですが、様々な配慮や知識が必要となるうえ、中には心をえぐられるような出来事もあると思います。
最後の東田さんの言葉に、はっとさせられました。年齢とともに叱られることが増えるというのは、私達が思う以上にお辛い方があるのでしょうね。私も気をつけなくてはと身が引き締まりました。
このお話で多くの事を教えて頂けました。ありがとうございました。

返信(1)

嬉しいお言葉、ありがとうございます。心が抉られることももちろんありますけど、その分救われることもたくさんある仕事だと思っています。
この作品でそう思っていただけて、書いて良かったと思えました。ありがとうございます!