SFミステリー:子は三界の首枷【母の最後の三日間】

作者 中島世期

今までの研究が立証されようとしていた時、母の驚くような行動が暴露される。それはすべてへの始まりだった。

「くそばばぁ~」から始まる、未来と過去をつなげる母の最後の三日間
|最後の財閥と呼ばれた男|

登場人物

倉本 時守(くらもと ときもり)

志麻(しま)…時守の妻

唯由(いゆ)…時守の長女

時士郎(ときしろう)…時守の長男

倉本 莉愛(りあ)…時守の母親

孝経(たかつね)…莉愛の夫

平松 希理(ひらまつ のり)…時守の妹

完吾(かんご)…希理の夫

紗也乃(さやの)…希理の長女

江理香(えりか)…希理の次女

玖美子(くみこ)…希理の三女

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

SFミステリー:子は三界の首枷【母の最後の三日間】

中島世期  seki2007

執筆状況
完結
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
愛のかたち, 暖かい話, 生き残る力, 子育て, 家族, いやし, 化学物質過敏症, 問題児の母さん, 100年先, 嫁と姑
総文字数
32,104文字
公開日
2023年05月23日 09:14
最終更新日
2024年03月22日 11:15
ファンレター数
0