豊田泰光、あるいは野球探偵(2021)

[創作論・評論]

5

2,355

0件のファンレター

豊田泰光(1935~2016)は西鉄ライオンズの黄金時代に2番ショートで活躍、引退後は、野球評論家として活動、野球殿堂入りを果たしていなす。彼は現役時代から知性主義的な人物で、体育会系と一線を画し、その姿は「野球探偵」です。この批評はそうした豊田泰光を論じたものです。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

豊田泰光、あるいは野球探偵(2021)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
豊田泰光, 中西太, 大下弘, 三原脩, 流線型打線, 2番打者, 坂口安吾, 小林秀雄, キルケゴール, 探偵
総文字数
14,017文字
公開日
2021年06月01日 21:22
最終更新日
2021年06月04日 10:18
ファンレター数
0