用意周到

作者 んだんだ

[健康・医療]

84

3,012

1件のファンレター

 以前、外来で禁酒して採血結果が正常化し、以後、禁酒を継続している筈の患者さんが、また酒を呑み始めたというい噂が伝わってきました。
 狭い町です。心当たりに行ってみると、大酒を呑んでいる患者さんと再会できました。
 酒を再開するにあたり、彼は準備万端、周到な用意をしていました。
 一人暮らしの彼から、老いが迫る人の機微を感じ取ったので、報告します。

目次

完結 全1話

2023年05月26日 06:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

う~ん・・・

こういう用意周到もあるんですね・・・。一般論としての受け止めと、医療従事者としての受け止めがあります。でも最終的には、その個人の判断になるのでしょうか。先日、大学院の教授に「〇〇さんの人生は誰のもの?〇〇さんのものでしょう?」と、ある話題に関して私に言って下さり、大泣きしてしまいました。こんなにも私の事を考えて下さっていると感謝で一杯になりました。魂が震える、とはこういう事を言うんだと感じました。教授は知性に溢れ、懐の深い所、人間的に非常に尊敬しております。教授の様には到底なれませんが、出会えた ... 続きを見る

返信(0)

小説情報

用意周到

んだんだ  yt3096

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
健康・医療
タグ
エッセイ, 酒呑み, お好み焼き屋, 肝機能, 禁酒, 一人暮らし, 葬儀屋
総文字数
1,000文字
公開日
2023年05月17日 10:14
最終更新日
2023年05月26日 06:00
ファンレター数
1