リボーンノイド・マリエ -皇暦(すめらこよみ)-

作者 松平眞之

[ミステリー]

10

1,200

0件のファンレター

 人型ロボットであるリボーンノイドの妻マリエを愛した罪で2120年から1940年の東京へ転送された高野賢一は、再会したマリエと共に韓国政府の日韓歴史問題修正エージェントを務める。
 そこへ花田と言うエージェントが第二総軍教育参謀の雲峴宮李公鍝(うんけんきゅうりこうぐう)と、御附武官の吉成弘中佐を伴って原爆投下当日の朝から時空を越え忽然と現れる。
 李鍝は花田の手から腕時計型タイムナビゲーターを奪い、広島を救うべく昭和二十年の夏に戻ろうとするが、西暦と皇暦を勘違いし2120年の未来へ行ってしまう。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

リボーンノイド・マリエ -皇暦(すめらこよみ)-

松平眞之  shingo0737

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
朝鮮公族と帝國陸軍, 大韓帝国を今一度, 本土決戦と原爆投下投, 朝鮮公族と皇暦, 未来の日韓関係, 過去の日韓関係, 【骨太小説】
総文字数
10,617文字
公開日
2020年05月10日 23:13
最終更新日
2020年05月20日 12:49
ファンレター数
0