宝石蛙

[ファンタジー]

19

3,214

0件のファンレター

 古ぼけた井戸に住み着いていた、蛙に似た魔物。
 外へ出て最初に口にした、甘く美味なものを求めて駆けずり回りました。
 口にしたのはエルフの血液、能力を飛躍させることが出来る禁断の血液です。
 エルフを喰らい続けたそのみすぼらしい蛙は、やがて……魔王となりました。

★表紙に使わせて頂いている可愛いミラボーちゃんは、“ほたる恵”様https://profile.coconala.com/users/73240 に依頼をし、描いて頂いたものです。
著作権は、ほたる恵様にございます。無断転載等おやめください。
※第四回かきなげ短編賞にて、読者賞をいただいた作品です。
※連載中のDESTINY第一章における、魔王の話です。(ネタバレを含みます)

全三話。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, 童話風, 残酷描写有, 挿絵有, 魔王, 勇者, エルフ, 輪廻転生
総文字数
12,213文字
公開日
2020年05月12日 15:31
最終更新日
2020年05月14日 01:00
ファンレター数
0