悲運の七生報国

作者 松平眞之

[社会・思想]

14

14,971

0件のファンレター

 転生を題材にした小説など書けないと嘆いていた時に、しろがねさんから1通のファンレターが届いた。
 その際戴いた「転生と言えば七生報国でしょう」、とのお言葉がきっかけでこの小説の上梓が叶った。
 私事ではあるが、ここでしろがねさんに感謝の意を表したい。
 しろがねさん本当に有難うございました。

 楠木正成の家臣として初の生涯を終え、六回転生を繰り返した七度目の生涯である前世で、主人公の私は帝國海軍中将として敗戦後自ら命を絶つ。
 次いで転生七回目の今世で生じた私の赤裸々な苦難を通して、七生報國の生み出した酸鼻とは何かを問う。

目次

完結 全1話

2020年11月30日 22:03 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

悲運の七生報国

松平眞之  shingo0737

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
【2000字転生】, 楠木正成と湊川の戦い, 七生報國の酸鼻, 七回の転生を経た今世, 東條英機の戦陣訓, 特攻と菊水作戦, 日韓両国の齟齬と軋轢
総文字数
1,999文字
公開日
2020年11月11日 01:20
最終更新日
2020年11月30日 22:03
ファンレター数
0