最大多数の最大幸福

作者 TamTam2021

[社会・思想]

8

666

2件のファンレター

「最大多数の最大幸福」この原理こそが今の世界に必要とされる考え方ではないでしょうか。
今のいびつなグローバル経済の下では「最小少数の最大幸福」、つまりごく一部の者だけが富を独占して、残されたほとんどの人は不幸にならざるを得ない社会となっています。いかに公平と平等を社会に取り戻すか、元日に考えてみました。

目次

完結 全1話

2024年01月04日 14:06 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

イーハトーブヘ~永遠の願い~その2

お便りが途中になってしまい、申し訳ありません。今のバランスの悪い世の中ではいけませんね。やはり、最大多数の最大幸福を目指して世の中を理想だけで終わらせないで変えて行かなくては、これから生まれてくる子孫を幸せに出来ません。今、生きている私達も、そしてこれからを生きる人達もみんなが幸せに生きられる世界、イーハトーブヘ変えて行くよう、努力が必要ですね。新年から良い作品をありがとうございました。

返信(0)

イーハトーブヘ~永遠の願い~

真っ先に、TamTam2021さんが2021年7月に投稿された作品『世界がぜんたいイーハトーブヘ』が思い浮かび読み返しました。そしてその他の作品にも共通して時折触れているTamTam2021さんの、1本のまっすぐに通った樹木にも似た信念を感じました。宮沢賢治の言葉「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」まさに今、世界はこの考え方を実現化するべき時が来ているのだとTamTam2021さんの意見に深く頷きました。ごく一部の富裕層だけが良い思いをしている世の中では、近い将来に必ずが ... 続きを見る

返信(0)

小説情報

最大多数の最大幸福

TamTam2021

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩, 評論
総文字数
1,362文字
公開日
2024年01月01日 11:47
最終更新日
2024年01月04日 14:06
ファンレター数
2