セリフ詳細

現代と過去が入り混じった物語進行が難しく、ぼくも読んでいて眠くなりました……


サイトの主が息子コニーではないかと疑惑が出たあたりから、物語として筋が出てきて、最後の事件まで一気に読めました。

二度目に読んだときは、全体を面白く感じました!

作品タイトル:林檎が丘読書クラブ

エピソード名:第1談 ネタバレあらすじ&最初の感想

作者名:mika  mikafone

58|創作論・評論|連載中|15話|49,607文字

ブックレビュー, 書評, 海外文学, 読書日記, ノーベル文学賞, ブッカー賞

16,018 views

林檎が丘の仲間たちが、同じ本を読んで感想を語り合う。
年齢も性別も職業もばらばらな仲間たちの共通点は、「読書が好き」ということだけ。

これは、作者が参加する読書会の体験に基づいたフィクションです。
作中の台詞は実際に読書会で交わされた会話を基にしています。(参加メンバーに許諾済み。個人が特定されないよう配慮しています。)
同じ本を読んでいても、「面白い」と感じるポイントは、人それぞれです。
多様な視点から読むことで、自分ひとりでは気づかなかった魅力に出会うことも。
このチャットノベルを通して、読書の楽しさをお伝えできれば、幸いです。

※アイコンはAdobe StockからPhotopicさまの作品を使用させていただきました。