コンテクスト指向演技(2012)

[創作論・評論]

6

1,751

0件のファンレター

近代における最も影響力のある演技理論はスタニスラフスキー・システムです。それは近代の公私分離に基づいています。個々人の内面は別々ですが、それを持っていることは共通しています。それを手がかりにした演技論がこのシステムです。一方、内面はやはり異なっているのだから、社会的コンテクストを共通の基盤とするのがコンテクスト指向演技なのてす。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

コンテクスト指向演技(2012)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
演技, 内面, ブレヒト, スタニスラフスキー, コンテクスト, メソッド, 竹内結子, 演劇, リテラシー, リー・ストラスバーグ
総文字数
9,895文字
公開日
2021年12月01日 14:01
最終更新日
2021年12月06日 10:00
ファンレター数
0