市民アマチュア劇団、稽古場控え

作者 宮島荘永

[ミステリー]

7

176

0件のファンレター

素人の集まりである市民劇団が稽古をしている。その控えの間で出番を待つ二人の男。ともに人鳥の着ぐるみに身を包んでいるが、一人は町内会防犯係、もう一人は刑事である。時間潰しに刑事が口を開いた。「『残業過多で死んだ俺が異世界転生したらペンギンで念力を使えるようになっていた件』ていうライトノベルを考えてみた。どうです?」と。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

市民アマチュア劇団、稽古場控え

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
【三題噺十一】, 念力, ペンギン, 残業, ダイイングメッセージ, 刑事
総文字数
1,966文字
公開日
2024年05月01日 03:21
最終更新日
2024年05月01日 08:00
ファンレター数
0