「食べることが唯一の楽しみだから…」

作者 んだんだ

[健康・医療]

88

2,127

1件のファンレター

 嚥下機能(=物を飲み込む働き)が低下し、誤嚥性肺炎(=飲食物や唾液が誤って気管に入ってしまうことで起こる肺炎)が再燃した高齢の患者さんのお話です。
 高齢者医療の現場では、単純に医学的な判断だけでは済まないことがたくさんあるのです。
 あなたならこの症例に対して、どうしますか? 一緒に考えましょう。

目次

完結 全1話

2023年10月15日 10:44 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

質問です

患者様ご本人のご希望は,如何だったのでしょうか?お話出来る状態でしたか?嚥下機能がかなり低下している状態との事から,お話も困難である事は予想されますが,頷く等の反応すらも出来ない状態だったのでしょうか?娘様が代弁している事から,意志表出が出来ない状態でしょうか?

返信(1)

小説情報

「食べることが唯一の楽しみだから…」

んだんだ  yt3096

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
健康・医療
タグ
エッセイ, 誤嚥性肺炎, 嚥下機能, 誤嚥性肺炎の再燃, 尊厳, 人生観, 医学と臨床
総文字数
971文字
公開日
2023年10月05日 14:33
最終更新日
2023年10月15日 10:44
ファンレター数
1