少女(みいこ)の戯言⑬

作者 波柴まに

[学園・青春]

2

221

0件のファンレター

こんなにもみいこが溢れかえった世の中で、本物のみいこを見つけることは素人はおろかその道のプロでも難しいとされている。だが、プロにできないから私にはできないと即座に挑戦することを放棄するのはまだ早い。早すぎて、棚から三文の徳をゲットしてしまう。ことわざキメラを横目に君は走り抜けろ。みんな教わったはずだ。50メートル走を計測するとき、50メートル地点をゴールとして見るな、その10メートル先をゴールとして見ろ、そうすればゴールまで力が抜けることなく走り切れる、と。走り切った先に本物のみいこがいるはずだ。必ずしも保証はできない。だけど魂がそう叫んで止まないのだ。グッドラック。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

少女(みいこ)の戯言⑬

波柴まに  dagamafu

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
高校生, 音, いたずら電話, ライオン, 一発ギャグ, 学級委員, 不運, 優しさ, 龍, 誘拐
総文字数
6,996文字
公開日
2024年04月28日 17:12
最終更新日
2024年05月04日 18:00
ファンレター数
0