羅村吾朗の憂愁

[ファンタジー]

2

455

0件のファンレター

羅村五朗は、行きつけの喫茶店カフェ・ラマンで、古い女性の写真が壁にピン留されているのに気づく。その脇には、その女性は若き女優で、失踪して行方不明だと書かれていた。五朗はそれまで勤めていた出版社を退社したばかりで、特にする仕事もなかったので、気になったその女性のことを調べてみようと動き出す。そこから、五郎は時空の異変の中に巻き込まれることになる。