難聴の老医師の聴診所見

作者 んだんだ

[健康・医療]

85

2,631

1件のファンレター

 医師は心臓の弁の異常によって生じる血液の乱流のわずかな音を、体表から聴診器で聞き取ります。これが心雑音で、心臓弁膜症の診断に繋がる大事な所見です。
 さて、高齢化は医師にも及び、難聴になる医師も少なからずいます。
 彼らの聴診所見や如何に?

目次

完結 全1話

2022年07月16日 04:32 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

なるほど!

鶴岡駅で特急列車いなほを待っていると時折見掛けていました。”海里”って何かな?って。ググってみると「日本海ビューダイニング」なんですね。PR動画も素敵で美味しそうなお料理・・・でも、私には見慣れた海岸・・・。地元で海里をPRしているのを私は見た事がないかもしれません。いや、PRしていても見ようとしていなかったかもしれません。視野が狭いなあ、相変わらず・・・。

返信(0)

小説情報

難聴の老医師の聴診所見

んだんだ  yt3096

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
健康・医療
タグ
エッセイ, 心臓弁膜症, 聴診器診断, 心雑音, 特定健診, 感音性難聴, 耳鳴り, トンネル抜き
総文字数
1,296文字
公開日
2022年07月08日 10:28
最終更新日
2022年07月16日 04:32
ファンレター数
1