隣の客はよく柿食う客だ

作者 んだんだ

[健康・医療]

89

3,345

2件のファンレター

 毎年10月中旬から11月初旬は、庄内地方では「庄内柿」の収穫時期です。
 庄内柿は 平核無柿 という品種で、甘く柔らかい果肉の四角い種無し柿です。数ある柿の品種で全国第3位の生産量を誇ります。
 「柿が赤くなれば医者は青くなる」と言われるほど柿は体に良い果物とされています。ところが、ここ庄内では別の意味で、医者は青くなります。
 さて、庄内では柿の収穫の頃、一体何が起こっているのでしょう?

目次

完結 全1話

2022年11月09日 06:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

今朝・・・

今朝、お見掛けし言おうと思っていた事があったのですが・・・今日はOPEでしたよね。長時間、お疲れ様です。 柿の形って色々ある?また調べました! 先日、出勤中に貨物列車が走っていて、先生の影響で、つい見入ってしました。。。

返信(0)

何事もほとほどに…

今年もうちの庭の柿はたわわに実り、家には渋抜き中の柿が入った大袋がゴロゴロとあります。 体にいいからと祖母は毎日2個くらい食べているでしょうか…。食べ過ぎも良くないんだよと教えてあげたいと思います。

返信(0)

小説情報

隣の客はよく柿食う客だ

んだんだ  yt3096

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
健康・医療
タグ
エッセイ, 庄内柿, 平核無柿, ビタミンC, カリウム, 慢性腎不全, 高カリウム血症, 中性脂肪
総文字数
1,133文字
公開日
2022年10月25日 12:30
最終更新日
2022年11月09日 06:00
ファンレター数
2