ナツキス –ずっとこうしていたかった–

作者 帆希和華

[恋愛・ラブコメ]

2

1,278

0件のファンレター

 紫陽花が咲き始める頃、笹井絽薫のクラスにひとりの転校生がやってきた。名前は葵百彩、一目惚れをした。

 嫉妬したり、キュンキュンしたり、切なくなったり、目一杯な片思いをしていた。
 ある日、百彩が同じ部活に入りたいといい、思わぬところでふたりの恋が加速していく。
 大会の合宿だったり、夏祭りに、誕生日会、一緒に過ごす時間が、二人の距離を縮めていく。

 そんな中、絽薫は思い出せないというか、なんだかおかしな感覚があった。フラッシュバックとでも言えばいいのか、毎回、同じような光景が突然目の前に広がる。
 なんだろうと、考えれば考えるほど答えが遠くなっていく。

 夏の終わりも近づいてきたある日の夕方、絽薫と百彩が二人でコンビニで買い物をした帰り道、公園へ寄ろうと入り口を通った瞬間、またフラッシュバックが起きた。
 ただいつもと違うのは、その中に百彩がいた。

 高校二年の夏、たしかにあった恋模様、それは現実だったのか、夢だったのか……。
 
 
 17才の心に何を描いていくのだろう?

 

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ナツキス –ずっとこうしていたかった–

帆希和華  homale_o_mele358

執筆状況
連載中
エピソード
10話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
高校生, 青春, ねこ, 天使
総文字数
67,495文字
公開日
2023年11月28日 21:33
最終更新日
2024年05月16日 11:17
ファンレター数
0