作者詳細

憂UKIYO世

(ID: makosen1222)

All views
20,686
総合
6
  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

普段はなかなかに堅苦しい物書きをしています。
哲学が趣味になりつつある。
でもここではなるべくラフに
自分の心の声を対話させる中で
読んでくださる方に響く言葉を
紡いでいければと思っています。
どうぞよろしく。

憂世

登録日:2018年03月14日

作品

チャット

6|日記・個人ブログ|連載中|13話|9,822文字

2018年03月21日 23:56 更新

生きる, 命, 生きる意味, 孤独, 愛, 優しさ, 友達, 恋人, 家族, 恋愛, 人間, 死

せかいを眺めながら 自分の心に寄り添いながら 綴る言の葉 その一枚一枚を たいせつに、拾っていきたい

しゃべログ

こらこら。公開でイチャつくんじゃない。それでいて、付き合っているわけじゃないっていうのが不思議だな。いい関係だな。
あはは、、私だって聞いてて恥ずかしいし、申し訳ない気持ちもするよ。でも、本当に、うーちゃんは素直だなって思う。私うーちゃん大好きだよ?
あー、なんか、かなでに聞いてもらうつもり無かったのに、言葉にしてしまったなぁ。。でも聞いてもらえて嬉しかったりもして。よくわかんないや。まず恥ずかしい(笑)
「憧れ」や「好き」という気持ちは、感情のようで、とても複雑な、価値観の塊のようにも思えてくるな。それこそ、その人の感覚でしかなくて、きっと一律ではないんだろう。
そうなんだ(笑)でも、私はうーちゃんの言ってること、たぶん半分もわかってないよ。その中でも、「憧れ」って言葉には、なんだか私も考えさせられるな。

活動報告

活動報告はありません

TOP