作者詳細

甘らかん

(ID: kanrakan)

All views
40,408
総合
66
  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

派遣社員の校正で生計をたてながら、2000年くらいまでは本気で作家を目指して投稿を重ねてきましたが、1次、2次選考はひっかかっても最終というものにはどうしてもいけず、ここまでかなぁ。と諦めモードに入り、年齢も年齢だしで、書くことをやめていました。
休筆期間中に精神と体を壊すほど働いてきた【書籍とコミックの印刷会社】をとうとう辞めることになったあと、ポッカリあいた穴をふさぐために、思い立って再始動をはじめた次第です。よろしくお願いします。

登録日:2018年08月24日

作品

小説

3|創作論・評論|連載中|9話|25,498文字

2019年06月23日 22:41 更新

感想, 評論, 映画, 小説, 漫画

映画・小説・漫画などの感想や評論じみたものをまとめておくことにしました。個別にしていたものを再掲しているものもあります。 ネタバレがあるものもあるので注意してください。

小説

7|現代ドラマ・社会派|完結|9話|100,269文字

2019年06月15日 00:00 更新

トランスジェンダー, マイノリティー, 性別, 虐待, 性同一性障害, 骨髄移植, 離婚, 暴力, 家族愛, 理解

綺麗事や胡散臭い話が嫌いな私が性別問題を書いたらこのような仕上がりになりました。それでも最後まで救いようのない話にはしませんでしたが。...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,649文字

2019年06月09日 16:26 更新

【お仕事小説】, 小学校, いじめ, ビジネス

超短編コンテスト【世界に一つのお仕事小説】参加作品。この作中で、幸せな気持ちになれた人物は誰なのか。考えていただければ幸いです。

小説

3|創作論・評論|完結|1話|2,816文字

2019年05月19日 12:20 更新

【京極夏彦書評】, 厭な小説, 京極夏彦, 祥伝社

第1回書評コンテスト「京極夏彦作品」参加作品。書評なんて書いたことがなかったのですが、こんな感じでいいのかな?...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,594文字

2019年05月12日 18:14 更新

【名探偵】, 少年探偵, カレー, シュークリーム, 動機, 心理, 自己犠牲, 拘置所, 面会, 進路

名探偵の名推理...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,788文字

2019年04月13日 14:15 更新

【許せない】, モブキャラ, ヒーロー, 悪の組織, いじめ, パワハラ, ヘルプマーク, 中の人, 街の平和

「助けて!」といえば必ず来てくれる正義のヒーロー。一度と言わずなんどでも、悪が裁かれるところをこの目に焼き付けたい。そんなヒーローの背中を見て、人は成長していくのだから。NOVEL DAYS...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,727文字

2019年03月25日 23:53 更新

【ラストレター】, 漫画, 母親, パンケーキ, 同人誌即売会晴海埠頭, 伏字, 母もオタク

超短編賞【ラストレター】参加作品2作目。母が残した最後の手紙。なぞなぞに隠された愛の置きみやげとは? 文章の中で何かしらPRがはいっていますが、そこはさすがに伏字です。

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,960文字

2019年03月20日 23:21 更新

【ラストレター】, 復讐したいの, ビジネスレター, 管理者, 派遣社員, 平成, 傷害事件

超短編コンテスト参加作品。「復讐したいの」という作品を「行き遅れ独身派遣一人暮らしの辛かんらシリーズ」のなかで、番外篇としてあげていますが、それの対比作品にもなっています。単体でも話はわかるようになっています。「復讐したいの...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,959文字

2019年03月17日 14:48 更新

【ラストレター】, 友情, たましいの双子, ソウルメイト, 家に居場所がない子, 嫌われ者, サイコパス, 中学生, ホラー, 家庭問題

超短編賞【ラストレター】参加作品3作目。女子中学生のせつない友情劇であり、サイコパス要因もあり、もしかしたらホラーなのかもしれません。それでも目に見える誰かに傷つき、傷つけられているのは彼女たち、なのでしょう。

小説

3|SF|完結|9話|118,038文字

2019年02月09日 00:00 更新

宇宙, SF, ファンタジー, 取材旅行, 作家, 紅茶, 恋バナ, 冒険, 異星人, 幻の…

西暦2000年くらいの作品を頑張って書き直しました。眠らせるのが勿体ないと思ったんですよね。いい出来だったので。たしか「小学館 文庫大賞」というものに投稿したと思います。...

しゃべログ

しゃべログのセリフはありません

活動報告

活動報告はありません

TOP