作品数2
総合評価数183
総合PV数137,380

作者ブックマーク

長谷川 漣さんのプロフィール

1976年生まれ。本とマンガをこよなく愛す。大学卒業後、高校教師を5年間務めた後、会社員生活を経て現在は学童保育に勤務。そのかたわら執筆活動にいそしむ。自称「芸術にその身をささげた元社会科教師」。もしくは「北関東のトム・クルーズ」。

長谷川 漣さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    長谷川漣のどこ吹く風

    日記・個人ブログ

    • 179

    • 136,586

    • 5

  • 一般小説

    「忘れられない友達」

    ノンフィクション

    • 4

    • 794

    • 0

長谷川 漣さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • それでも書かせて

    エッセイは、文章力もさることながら、そこに投影されたものの考え方が魅力です。【愛嬌】を武器にしたことのない、長谷川漣のエッセイ、好きで愛読していますよ。もう★もファンレターもいらないと達観されたかもしれませんが、応援したく、敢えて書かせてもらいました。

  • 映画はいいですね

    昨日、「ピザ!」(2014インド)を見ました。子供たちにああいう世界があることを見てもらうのも良いかも。 「ブランカとギター弾き」(2015フィリピン)も良いですよ。両方、スラム街の話ですが、子供たちはどう感じるのでしょうか。

  • いいですね

    『5歳のモネ』を地元の図書館に置いてもらえるといいですね。文壇デビュー楽しみです。がんばってください! AIの方、私は絵心が無いのでStable Diffusionのデモ版を早速試してみましたが、次作の表紙絵位ならいけそうです。 AIに頼らずに、AIに使われずに、AIを上手に使っていければと思っています。

  • 誰かに強いる言葉ではなく

    「ならぬものはならぬ」 他者に使うのは使い方として二流。 己に、胸中で語りかける、決断の一言で使うが上々。

  • オッス‼️

    僕はブルーハーツとアルフィー、佐野元春を、歌います。 三者とも絶望を歌わない歌に名曲が多いからです。 最近はアイミョンと中島みゆきを同一視し始めています。