転生帰録2──鵺が嗤う絹の楔

[ファンタジー]

5

4,625

0件のファンレター

〈あらすじ〉
 雨都梢賢の招きによって彼の故郷を訪ねた永、蕾生、鈴心。雨都家が隠れ住んでいるというその村には、別の理由で同じように隠れ住んでいる一族がいた。村の長・藤生家、その分家の眞瀬木家、そして藤生家の厚意で里に暮らす雨都家は奇妙なバランスを保ちながら暮らしている。しかし雨都梢賢が三人に助けを求めた理由はその里に関することではなかった。梢賢は三人にある母子家庭を紹介する。昔、雨都家から離反した分家の雨辺家、その子孫だった。彼らは鵺をうつろ神と呼んで盲目なまでに信仰していた。
 雨辺菫の正気を取り戻したい梢賢に協力しながら、三人は鵺にまつわる多くの闇に直面し、鵺の呪いの真髄に触れる…

◎毎日1話、21時に投稿します。
◎◎感想などいただけたら嬉しいです!

※本作品は「小説家になろう」「pixiv」「Nolaノベル」にも投稿しています。
※※表紙イラストは友人の百和様に描いていただきました。転用・転載はしないでください。

ファンレター

ファンレターはありません