三文批評、あるいはベルトルト・ブレヒトの『三文オペラ』(2006)

[創作論・評論]

6

4,461

0件のファンレター

20世紀演劇に最も影響を与えた戯曲家の一人ベルトルト・ブレヒト(1898~1956)は「異化作用」などを通じて」、ユルゲン・ハーバーマスが提起する「劇場のコミュニケーション」を先取りし、その再検討を促しています。これは、彼の代表作『三文オペラ』(1928)の読解により、それを明らかにする批評です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

三文批評、あるいはベルトルト・ブレヒトの『三文オペラ』(2006)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
演劇, ブレヒト, ハーバーマス, 三文オペラ, 劇場, コミュニケーション, 異化作用, 批判
総文字数
16,880文字
公開日
2021年06月21日 10:54
最終更新日
2021年07月01日 10:00
ファンレター数
0