煙ズム

第12話 Lemon Skunk x Super Silver Haze

エピソードの総文字数=2,970文字

 6号室のドレッドの男は、巴の部屋から出てきた卍と階段の入口で顔を合わせると会釈した。卍はドレッドに爽やかに微笑むと、バイクに跨りヘルメットを被ってエンジンを吹かし、あっという間にビルの谷間へ走り去る。

 ドレッドはエキゾチックな顔立ちと中性的な卍のスタイルに、走り去るバイクが見えなくなるまで見蕩(みと)れていた。アパートの階段を2階へ上がる途中で、足元に転がる生乾きの大きな | B D 《バッズ》を1つ見付ける。|B D《バッズ》 を拾って臭いを嗅ぐと、猛烈な |H H《ハッシシ》 の香りに確かにコレは愛しのメリージェーンに間違いないと確信した。それも完璧に種無しの 、誰かが丁寧にマニキュアした |S M《シンセミア》 の | B D《 バッズ》だと。

 だが、何故こんな所に | B D《バッズ》 が一つ落ちているのか? |B D《 バッズ》を手に持ち周りを見回して考えるが、さっぱり分からず。まさか今のバイクの彼女かと思ったが。まぁいいや、そんな事はどうでもいい、「これは神の啓示だ! 」と、ビルの谷間の空を見上げ、巴の隣の6号室へそそくさと入っていった。

 ドレッドはまだ生乾きの |B D《 バッズ》を取り敢えず乾燥させなくてはならないと、洗濯バサミを取りにベランダへ出る。

 高層ビルに囲まれたアパートのベランダ越しに、隣の部屋から The Wailers の Rasutaman chant が聞こえてきて、ドレッドは思わず背伸びして柵越しに隣のベランダを覗くと。イスに座ってビールを飲み、トウモロコシにかぶり付く巴と目が合い会釈した。
 ドレッドは気不味そうに洗濯バサミを取り部屋へ入ると、天井のハリにヒモを通し洗濯バサミで |B D 《バッズ》の茎のところを軽く挟んで吊るした。そして腕を組み、天井から吊るされた |B D《 バッズ》を満足そうに見詰める。

 「素晴らしい……! この豊潤(ほうじゅん)な香りに |B D 《バッズ》を覆い光り輝く |T C《 トライコーム(油脂線)》のクリスタル。それに丁寧なマニキュア。マジで完璧じゃないか! この天使からの贈り物は今この俺の部屋で、俺を神の領域へ誘い覚醒せしモノへと最期の変貌を遂げようとしている。俺はその時を魂で感じて、待てばいいという事か……」

 1週間が経ち、ドレッドは毎日天井から吊るされる |B D 《バッズ》に優しく触れ、慌てず焦らず |B D 《バッズ》の乾燥具合。色、香り、ビジュアルのメタモルホォーゼを魂で感じ取りながら、ハンズで買ったシュナイダーのルーペで |B D《バッズ》 の表面をつぶさに観察する。

 そこに見えたものは、 |B D 《バッズ》の表面を覆い尽くす |T C 《トライコーム(油脂線)》が結晶化した |Δ9 - T H C《 デルタナイン・テトラヒドロカンナビノール》のクリスタル。それは水晶のように神々しく光輝き、ドレッドを宇宙に浮かぶ光の結晶の曼荼羅へと連れ去って行く。

 「素晴らしい……」

 ドレッドは新宿の紀伊国屋の地下で買ってきた、大型でガラス製のフラスコ型 |B G《ボング》 を、机の上にセッティングした。

 |B G 《ボング》に水を入れ、吸い口の所へ程好いロックアイスを1つ滑り落とす。エッジの効いたロックアイスの冷気がドライアイスのケムリのように 、|B G《 ボング》の中へゆっくりと流れ落ちて行く。
 |Δ9 - T H C《 デルタナイン・テトラヒドロカンナビノール》の結晶に覆われた |B D 《バッズ》を親指の先ほど千切り取り、サイケなグラインダーを使い手の中ででクラッシュした。

 グラインダーのフタを開けると、猛烈な |H H 《ハシシ》の香りがガツンと鼻を突き、その香りはスカンキーでスパイシーな鋭いキレが有り、それでいて深く濃厚に熟しきったフルーティーで濃い豊潤香りが弾け飛び、微かに甘く腐りかけて発酵したチーズのような香りも後からやって来て、ドレッドは理性を超えて直接魂を揺さぶる魔性の香りを、笑みを漏らして堪能する。

 グラインダーの中でモグサのようにフワフワになった |G J 《ガンジャ》を、優しく指で一撮みして | B G 《ボング》の火受け皿の中へ入れた。
 片手で |B G 《ボング》を掴んで持ち、吸い口に口を付ける。火受け皿に入った濃い緑がフワフワの |G J《ガンジャ》 に、バンコクのパッポンの夜店で買った、ビカビカと七色にフラッシュするチープな電子ライターの火を回す。

 ポコッ、ポコッ、ポコポコポコポコポコポコポコポコポコポコポコポコポコポッ!

 ゆっくりと |B G《ボング》の中の空気を吸い込んでいくと、透明なフラスコ型の水と氷の入った |B G《ボング》の中に、摂氏8百度で燃焼し真っ白に気体化した | G J 《ガンジャ》のケムリが。一度クリアな水を通って冷却され、タールや余分な熱や不純物が綺麗に濾過(ろか)されると。限りなく混じりっけの無い純粋な 0・01ミクロンの粒子の集合体のケムリが、吸い口の所に嵌まる氷の冷気でさらに冷却され、|B G《ボング》の中満杯に白くて濃い|G J《 ガンジャ》のクリアなケムリが充満する。

 いったん火を止め、まだケムリの入っていない肺の中の空気を外に吐き出すと、|B G《ボング 》の中に濃密に充満した純粋な白いケムリを、一気に吸い上げた。

 |B G《ボング》 の中に充満したケムリは小さな竜巻のように渦を巻いて口の中へ吸い上げられて行き、肺の奥の奥へと流れ込んで行く。
 肺に溜まったケムリは張り巡らされる毛細血管の中へと溶け込み、身体全身を巡ってチャクラにまで行き渡る。ドレッドは瞑想するように眼を閉じてしばらくケムリを肺に溜めると、ゆっくりと口と鼻から大量のケムリを吐き出した。

 眼を瞑ったまま、波間に浮かんでいるような浮遊感に包まれ始めると、突然脳細胞がスパークした。

 眼を見開くと、最近慢性化していた偏頭痛がピタリと止み、久しぶりに頭の中がスッキリして。このところ常に頭の中にチラ付いていた痛みを伴う、モヤモヤとして追い詰められたネガティブなイメージが吹き飛んだ。

 点けっ放しのTVからは、ドレッドが慢性的な偏頭痛の症状を抑える為にいつも買っていた薬のCMが何度も流れている。
 部屋のゴミ箱には△マークの増量パックの空き箱が幾つも捨ててあって、溢れた空き箱は床にまで転がっていた。
 バビロンの美しき聖なる女神の化身は、街中に溢れる△のサブミニナルを摺り込むが如く、何度となくTVから同じ事を繰り返しループさせる。

 手の平を合わせてから正面に一気に広げた△から覗く片目からは、誰も逃れる事はできず。バビロンを支配する女神は発光するTVの中から実体が現れたかのように、ドレッドの前に愛らしく佇む。

 ケムリの立ち籠める部屋の床に転がる△マークの空き箱を拾い上げると、ドレッドは真紅に染まった眼を見開いて呟いた。

 「解ったよ……」

 △マークの空き箱をゴミ箱に放り投げ、眼の前に愛らしく佇む女に言った。

 「薬をもったな……」

TOP