第3話 AK - 47

エピソード文字数 4,484文字

 陽はとっくに暮れて辺りは闇に包まれる。山の気温はいっきに下がり、吐く息は白く体の芯まで冷え切った。ランタンで灯りをとりテントを張って、ガスコンロで湯を沸かし、二人は冷え切った体を熱いコーヒーで温めた。

 新聞紙を引き詰めたテントの中へ黒いポリ袋いっぱいに入った |G J《ガンジャ》を広げると、噎せ返る |B D《バッズ》の強烈な香りが、テントの中に充満する。Rockers の Soundtracks をラジカセで流し、卍と巴は音に揺れながらハサミを手に持ち、刈り取った |B D 《バッズ》の形成を始めた。闇夜に包まれたテントの外は、得体の知れないケモノの遠吠えが何度となく響き渡っている。

 2・3 時間引きこもって |B D《バッズ》 の成形を終わらせると、卍と巴はランタンと食料を持ってテントから這い出てきた。立入禁止区域で閉鎖されたキャンプ場の炊事場は濃い緑に侵食されていたが、蛇口をひねれば水は出る。汚染が少ないことを確認し、炊事場に有る朽ちた テーブル席にランタンを置いて陣取ると、お湯を沸かしてカップヌードルに注ぐ。山の冷たい空気に白い湯気が立ち昇る沈黙の夜空には、来た時とは見違える程に、圧倒的に煌々と銀色に光輝く星々が、二人の頭上を埋め尽くしていた。

 油を入れた小鍋を携帯コンロに掛けると、 巴は|B D《バッズ》 から切り取った小ぶりで柔らかい |S L F《 シュガーリーフ》を軽く洗って水気を取り、水で溶いた小麦粉につけて次々と煮立った油の中へ投入する。
 こんがりと揚がった|S L F《シュガーリーフ》 は、新聞紙の上にあげて手早く塩を振る。
 こうして、立入禁止区域で閉鎖され朽ち果てたキャンプ場のテーブルに、カップヌードルとフレッシュ|S L F《シュガーリーフ》 のフライという一品が、まんじりと追加された。
 
 卍がストックしていた |J T 《ジョイント》はすべて川に流されてしまったので、二人はケムリを立ち昇らせる事ができずにいた。刈り取ってきた |S M《 シンセミア》は当然フレッシュすぎてケムリになんかには出来ない。ならば食うか! あっちじゃピザにもラッシーにも入ってたんだからな、経口摂取(けいこうせっしゅ)だ! となり、巴が |S L F《シュガーリーフ》 のフライを作ってみた。
 
 揚げたての |S L F《シュガーリーフ》 はポリポリとクリスピーな軽い食感で、若干青臭さが有り、飲み込んだ後から |H H《ハシシ 》の香りが鼻に抜けるが、眉を(ひそ)める程ではなく。この手の味覚には二人とも東南アジアで慣れっこで、腹もへっていたせいもあり、カップヌードルといっしょにポリポリと巴が沢山作った |S L F《シュガーリーフ》 のフライを、あっという間に平らげる。

 すぐに効きめは分らなかった |S L F《シュガーリーフ 》だが、気を良くした巴は、今度はテントの中から丸く綺麗に成形された |B D《バッズ》 を2つ持って来ると、小麦粉を軽くつけて油の中へ放り込んだ。

 煮立った鍋からは強烈な |H H 《ハシシ》臭が漂い、それはとても食欲がそそられるものではなく。卍はメコンの川筋の店で出された、燃えたビニールのような異臭を放つ、山盛りのドクダミ入り激辛ホーを思い出して眉を(ひそ)める。
 小麦粉をつけたブロッコリーのような | B D《バッズ》 は、 |S L F《シュガーリーフ 》とは明らかにちがい肉厚なため、小ちゃな小鍋で上手く揚げる事などとてつもなく困難で、巴は苦戦を強いられる。

 揚げ物に没頭する巴を尻目に、卍はテントからコーヒーと毛布を持って来る。バビロンでは決して拝むこともできない天空を埋め尽くして光り輝く星々を眺めるため、毛布を被って天を仰いだ。すると徐々に星の輝きが増していくのをつぶさに感じ、卍は | S L F《シュガーリーフ》 のフライが効いてきている事を悟る。けっこう後効きなのねと巴を見ると、巴は手間取っていた |B D《バッズ》 のフライをどうにか完成させて、新聞紙の上へ乗せていた。
 
 猛烈な |H H《ハシシ》 臭を放ち、炸裂した松ぼっくりのように無残な姿になった |B D《 バッズ》 は、とても食べ物とは程遠い異物と化している。巴は塩を振ってつまみ上げると、「食うぜ! 」と言って、大きく開けた口の中へ放り込んだ。

 「バリッ、クシャ、バリ、シャカ、グシャ、クチャ、ゲボッ……」

 音を立てて |B D《バッズ 》を噛み砕く巴が、まるで鋭いトゲの有るサボテンを食べる海トカゲのように見える。卍は驚きをもって真顔で巴を見据えるが、堪えきれずに思わず噴出す。
 巴の表情からは決して人間が食べられるモノを食べている感じがまったく伝わってこない。現に巴は根性で |B D 《バッズ》を飲み込むもすぐに噎せ返り、うなだれた小声で、「不味ッ、不味……」と、何度も連呼した。
 腹を抱えて卍が笑うと、巴は炊事場の蛇口から直接水をガブ飲みして、声を震わせ身震いを繰り返す、そして放心状態のまま椅子に座って小声で呟いた。

 「チェンマイで食ったメンダーの素揚げより不味い……」

 メンダーと言えばタガメの事で、昆虫より不味いんかいと突っ込みたくもなったけど。卍はそれほど嫌いでもなかったタガメのフルーティーな味わいを思い出し、テントから毛布を持って来て巴に被せてやり、熱いコーヒーを入れてあげた。

 闇に包まれたケモノの遠吠えに巴がバカっぽくたじろぎ、「出た……」と、真顔で言うので、卍は呆れた顔して、「何が? 」と尋ねる。

 「女だよ、白いシカの体をした獣人だよ……」

 意味が分からず卍は巴がガン見する闇の方を見たが、真っ暗で何も見えるはずもない。シカでも居たのかと巴の眼を怪しむように覗き込むと、巴の両目が見事なほどに真紅に紅く染まっていた。

 「マジで顔だけ人間の女の顔してるし、どおゆうわけか俺に付き纏ってる。昼間も見たけど直ぐに消えた。今も消えたけど、あの女の顔は忘れねー……」
 
 高揚した巴の瞳が、今まで見た事もなく鮮やかな真紅に染まり、アメコミの超人キャラのように怪しく光る。瞬間、卍は机に1つ無残に転がる |B D 《バッズ》のフライを眼にしたが、すぐに鮮やかな真紅に染まる巴の眼を見据えて、身を乗り出して聞いた。

 「巴、片眼の開く音が聞こえるの……? 」

 片眼を手で押えた巴は、卍にゆっくりと微笑みかけると、片眼の眉毛を上下に高速で動かす。
 
 巴が完全に第三空間へシフトしているのを確信した卍は、冷たくなって朽ちた机の上に転がる |B D《バッズ 》をつまみ上げ、強烈な臭に目眩を起こすも、すぐに自分を解き放つ。せめて揚げたての温かかったのを食べとくべきだったと思いながら、大きく一つ深呼吸をして口の中へ放り込んだ。
 
 音を立てて |B D 《バッズ》を噛み砕くと、冷え切った | B D《バッズ》 は所々生揚げで、噛めば噛むほど強烈な |H H《 ハシシ》臭さと青臭さと泥臭さが口の中に広がり、鼻を突き抜け噎せ返りる。そして猛烈に吐き気をもよおした。卍は炊事場へ駆けて行き、慌てて水道の蛇口をひねると、水をガブ飲みして強引に |B D《 バッズ》を胃の中へ流し込む。
 
 |B D《 バッズ》をぜんぶ飲み込むと急に寒気がして一気に鳥肌が立つ。「超~不味い……」と、卍は小さく吐き捨て身震いしながら椅子に腰掛け、頭から毛布を被ってコーヒーを少しずつ口にした。そして暫し放心状態と化す。

  |B D《 バッズ》の洗礼はすぐに現れた。てゆーかもう既に|S L F《 シュガーリーフ》によって扉は開かれていた……。

 朽ちた机の上を揺らいで照らすランタンの炎に微睡む卍は、いきなり時間の感覚がプツリと消える。体の力を抜き夜のしじまに身を委ねれば、徐々に高次元で濃密な闇に吸い込まれていく。座ったまま確かな幻へ覚醒していくのを感じる卍は、消えた時間次元が闇にうねってゆがみ、空間が無限に広がりリバースしながら迫ってくる様を、鮮やかに真紅に染まった眼で見据えた。

 デジャブのように闇の中にケモノの遠吠えが響きわたり、獣人の彼女が迎えに来たんじゃないと半笑いで卍が巴を見ると、巴は空を仰ぎ手を伸ばして夜空を指差している。
 
 紅く光る巴の瞳の奥に、何かの眩しい光が映り込むのを見た卍が、巴の指差す夜空を見上げると、頭上を埋め尽くす星々の間を高速で突き抜けていく流星が何個か見えた。
 流星は次々と幾つも飛来し始め瞬く間に空を埋め尽くし、二人の頭上に白昼のスコールのように降り注ぐ。その中にひときわ大きく紅い光線を引く流星が現れ、二人は同時にその紅く放たれた光線の重力に引き込まれていくような感覚に囚われる。

 二人は本気で焦って強く地面に必死で足を踏ん張るも、頭上を渦巻き回転する紅い流星からは逃れきれず。
 ダメだ、このまま激突して世界が終わるんだと二人が本気で思った瞬間、完全にコントロールを失った。

 薄らだが確かに、断片的に何度も輝く光の中へ吸い込まれていくように、上下左右の3次元の空間が光に飲み込まれて消滅する。卍と巴は何処かは全く解らないが、紅い閃光に包まれた5次元空間にポッカリと浮いているような感じがした。 
 なぜか物理的に有り得ないパラドックスな空間に渦を巻く閃光に、二人は違う次元に自分と同じ人間がもう一人存在しているかのような幻が見えると、その光の一つ一つにハッキリと、確かな映像が鮮明に見える。

 それは静止画のようで有り動画のようで有って、長かったり短かったりと、伸び縮みしながら波のように寄せては引いた。自分たちの姿もまったく違った物体に見えたりもしたが、それに意味など考えも及ばず。閃光の中にハッキリと見える色鮮やかに移り変わっていくビジョンが、チャクラが開いた卍と巴の無意識の中へと止めど無く刻み込まれる。
 それはおぼろに消えゆく残像と、二人の頭上に渦巻いた流星の消えゆく輝きを、卍と巴にいつまでも追いかけさせ、二人は心を震わせる。

 どれほど時間が経ったのか? すごく長くも感じたが、ほんの一瞬だったのかも知れない。

 流星の出現が止み、二人が自分のコントロールを取り戻して、今の巨大な竜巻並みに制御不可能なリンボはいったい何だったんだと顔を見合わす。そのあまりにもブッ飛ばされたお互いの間抜け面を見て同時に噴出す。

 そしてクスクスと笑いが止まらなくなると、次第に腹を抱えてケラケラと笑い合ってるうちに本気でどうしょうもなく可笑しくなり。終いに笑い死にするほどに毛は逆立って毛穴は開き、涙を流して息も絶え絶えに悶絶しながら過呼吸なみに気を失ってしまうほどに、笑って、笑って、笑って、笑って、笑って、笑って、笑いまくった……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

 卍

 腹違いで同じ年の巴の姉、母親はオランダ系インドネシア人の白人。6歳までインドネシアのジャカルタで育つ。レズビアンでケムリをこよなく愛する。

 巴

 腹違いで同じ年の卍の弟、母親は日本人で父親は高校生の時に蒸発。姉の卍と一緒に暮らし同じ高校へ通う。卍にケムリで難病を直してもらい、卍を誰よりも信頼している。

  ユタ

  立入禁止区域で卍と巴と出会い、山奥のコミューンへ連れて行き儀式に参加させる。卍と巴が探しているモノのありかを教える。

  シオン

  製薬会社の広告塔。女神のように美しく、両手の平で△を作ると片目をのぞかせ街中にサブミニナル効果を張り巡らせる。シオンの片目からは誰も逃れられない。

 D G (ドラゴン)

 卍と巴の地元のパイセン、アンダーグラウンドに精通し、情報通。新宿ゴールデン街の外れで営業するスナック カゴメ のオーナー。

 皐月

 新宿ゴールデン街の外れに有るスナック カゴメ で卍と巴に出会う。耳が不自由な G I D のレディーボーイ。卍に好意を寄せている。

 蒸発した卍と巴の父親。

 本人は記憶喪失になり、別の次元に行っていたと話す。

  マナ

  山のコミューンに居るシャーマン。卍と巴を受け入れ、スピリチャルな波動で治療し示唆する。

  

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み