吉本隆明試論(2010)

[創作論・評論]

5

1,419

0件のファンレター

吉本隆明(1924〜2012)は、戦争責任論の論争の中から思想家として頭角を現しました。その彼は従来のエリートと違い、旧制高校と無縁で、学生運動の盛り上がった60年代のカリスマとなっていきます。これは戦争責任論や60年代のカリスマを中心にその思想を考察する吉本隆明論です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

吉本隆明試論(2010)

佐藤清文(Saven Satow)  savensatow

執筆状況
完結
エピソード
5話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
吉本隆明, 戦争責任, 戦争, 旧制高校, 批評, 森毅, 柄谷行人, カリスマ, 60年代, 学生運動
総文字数
29,049文字
公開日
2022年05月28日 10:26
最終更新日
2022年06月11日 09:00
ファンレター数
0