コロガロー、喋る

作者 馬場卓也

[歴史]

5

1,499

0件のファンレター

旅の浪人、天地五六郎(てんちころがろう)となろう戯作者山空海鬼壇(さんくうかいきたん)が出くわした奇妙な出来事。娘の仇討の助っ人のはずが……? するするっと読める、短編一人語り時代劇。延々主人公が喋ってるだけ。なので読みづらいかも。

目次

完結 全1話

2019年02月12日 18:13 更新

登場人物

天地五六郎(てんちころがろう)

  行く先々でツいていない浪人。旅の途中で鬼壇と出会う

山空海鬼壇(さんくうかいきたん)

 江戸のなろう戯作者。旅先で知り合った五六郎のことを面白がり、話のネタについてくる。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

コロガロー、喋る

馬場卓也  baba1113

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
時代劇, 一人語り, 道中記, 浪人, 渡世人, 戯作者
総文字数
6,566文字
公開日
2019年02月12日 17:54
最終更新日
2019年02月12日 18:13
ファンレター数
0