スリラー・ミレー (1999字)

作者 加藤猿実

[ホラー]

13

1,162

0件のファンレター

小六の春、僕は教育実習生の美令先生が放課後に催してくれた朗読会「スリラー・ミレー」に夢中になった。十三年後、作家になった僕は久しぶりのクラス会に誘われた。あの時の仲間たちと思い出を共有できる絶好の機会。僕はワクワクしながら会場の居酒屋へ向かった。
【課題文学賞3】向けに2000字以内にまとめました。

目次

完結 全1話

2022年08月18日 18:24 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

スリラー・ミレー (1999字)

加藤猿実  Sarumi

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ホラー
タグ
【課題文学賞3】, 背筋がゾクっとする話, 教育実習生, ゴシック小説, クラス会, 小学生
総文字数
1,999文字
公開日
2021年07月07日 18:20
最終更新日
2022年08月18日 18:24
ファンレター数
0