蝦夷に残す

作者 黒田リン

時は戊辰戦争末期。箱館で新政府軍と戦う榎本武揚らは、ついに降伏を覚悟する。
しかし、陸軍奉行並の土方歳三はその戦う意志を曲げない。
戦って生きた証を残す土方と生き残って証を残す榎本。
榎本と土方の最後のやり取りを、榎本視点で描く。

目次

完結 全1話

2021年02月23日 21:50 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

蝦夷に残す

黒田リン  japmasta

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
【2000字歴史】, 短編, 歴史, 戊辰戦争, 幕末, 土方歳三, 榎本武揚, 新撰組, 箱館戦争
総文字数
1,896文字
公開日
2021年02月23日 19:21
最終更新日
2021年02月23日 21:50
ファンレター数
0