おります男

作者 Bamyu10

[現代ドラマ・社会派]

12

1,126

2件のファンレター

関西から東京に転勤になった若者の話です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

何か、いい感じです。

身近で分かり易くて、こういう文章っていいなって思いました。 堅実な感じ。すごーく主人公の心情に寄り添える。 私も山の手線をずっと使っていますが、「おります男」はまだいい。 無言で人を押しのけて行く人もいます。「降ります」「済みません」って言えよ。と思います。 ちょっとコイの予感で、この先どうなるのかなあと楽しみです。

返信(1)

おります男─の正体、物凄ぉぉぉ~く気になります!?!

 実はリアルにこの時期、JR山手線でも類似キャラ(?)が出没するんですけれど、こちらのケースでは逆に”無言男”と呼んでいます。  車内の奥にいるにもかかわらず、「おりま~す」を言わずに強引に押し分けて降りて行くので、その無礼に激怒する乗客も当然いて、特に関西弁での容赦なき罵倒は車両内をしばし凍らせるほどなんです。  なので、関西から転勤して来た主人公の東京に対する感想からも、『人が懐く印象って、やっぱり目立つトコだけでつくりあげられちゃうモノなんだぁ……』と、再認識および注意喚起をさせら ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

おります男

Bamyu10

執筆状況
完結
エピソード
9話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
満員電車, 関東, 関西, 若手サラリーマン, 青春, 阪神タイガース, 東京暮らし
総文字数
21,550文字
公開日
2024年04月26日 14:48
最終更新日
2024年06月03日 20:31
ファンレター数
2