別れることに決めた

[現代アクション]

2

587

0件のファンレター

「あなたとは、もう付き合えないの!」
と学園のマドンナ西園清花に言われた少年、一貝駛馬。
しかし、彼女とは付き合っていない。
「ただの幼なじみにもどりましょ!」
「いや、幼なじみでもねーよ!」
無茶苦茶なことを言う。彼女。そして突如、学園の生徒を襲い始める。
攻撃を全て防ぎ、能力を使って山奥に移動した一貝。彼は能力を悪用する者を成敗してきたヒーローだった。
そして、西園も能力者だった。彼女は記憶を改変する能力を使い、一貝を洗脳しようとした。そのためには近づく必要があったが、戦闘慣れしてる彼にはそう簡単にはいかなかったので、無茶苦茶なアプローチをしたのだ。
だが、彼は完全に洗脳しきれてなかった。すかさずワープで移動され、さらに空間どころか時間をワープさせられて夜の山奥に連れてかれる。
ここには獣は出ず、近くに駅があるから始発で帰れ。これがお仕置きだと、彼は言った。
能力者だったからか、一貝だけには記憶改変が効かなかったのだが、だからこそ惚れて自分ものにしたかったのに――それができず泣き叫ぶ西園。
「きみとは別れることに決めた」
 まだ、付き合ってもないけどさ。と、それ以降彼の声はしなかった。(了)

目次

完結 全1話

2022年10月31日 21:18 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

別れることに決めた

蒼ノ下雷太郎  aonosita22

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代アクション
タグ
【三題噺その四】, ヒーロー, 幼馴染, 始発
総文字数
1,996文字
公開日
2022年10月31日 21:18
最終更新日
2022年10月31日 21:18
ファンレター数
0