『グラントエリック建国史』

作者 MIMOTO

[ファンタジー]

2

93

0件のファンレター

ある世界に、科学者、錬金術師、魔法使いが存在している国があった。科学と錬金術の王国「マグニセント」。国の科学者たちは、こぞって科学の研究をし、多くの物を生み出した。それと同時に、国内では争いが起こり、人も大地も疲弊していった。そんな国の田舎町「シュトーリヒ」に、「エリック」という少年がいた。彼は幼馴染「マーティン」と家族ぐるみの付き合いをしていたのだが──ある時、事件が起こる。シュトーリヒ領主であるマーティンの祖父を庇い、エリックの父親が重傷を負ってしまい……。『グラントエリック建国史』、ここに開幕──!

※この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

目次

連載中 全2話

2024年05月16日 01:18 更新

登場人物

「名前」

 エリック・ギルバート。(黒)

「誕生日」

 4月15日の牡羊座。

「年齢」

 プロローグでは5歳。

「身長」

 5歳、120センチ。

 8歳、139センチ。

 10歳、150センチ。

 15歳、177センチ。

 16歳、180センチ。

 18歳、185センチ。

「イメージカラー」

 赤、白、金。

「髪」

 黒のショートカット。

「瞳」

 黒。

「顔」

 整っている。明るく優しい少年。

「服装」

 戦闘時:白いハイネック。

     鮮やかな赤いフードつきの上着。

     フードの下に留め具。

     後ろの裾は燕尾ジャケットのような形。

     赤い軍服。前に金の留め具。

     襟の下だけを上着の前に出す。

     全体的に軽くて動きやすい。

     茶色のブーツ。

 普段着:白いカッターシャツ。

     ベージュのズボン。

     茶色の紐靴。

     ベージュのロングエプロン。

     ポケットがついている。

     腰より少し上に同じ布の紐を前で蝶々結びにしている。

「性格」

 幼少期。

 明るい性格だったが、うつ病になる。

 うつ病が治ってからは、大人びてきた。

 病気の母親のこともあり、「しっかりしよう」と、思っている。

 士官学校時代。

 基本的に世話焼き。父性と母性の持ち主。

 女性と一緒にいても、お兄さんか母親のような雰囲気になる。

 必ず助けに行く。諦めない。明るい笑顔。

 料理が趣味。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

『グラントエリック建国史』

MIMOTO

執筆状況
連載中
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
友情, 恋愛, 家族愛, シリアス, ギャグ, 戦闘, 男性向けの女性向け?, 長編予定, 建国史, シリーズもの
総文字数
1,634文字
公開日
2024年05月16日 01:04
最終更新日
2024年05月16日 01:18
ファンレター数
0