セリフ詳細

たたた高波さん!ありがとうございます。もったいお言葉いただき恐縮し動揺します。
投稿サイトの波にのれずただ誰かに読んでもらいたい一心で、高波さんが主宰されていたコンクールに小説を出させていただいたのが「浜野稚子」として活動するきっかけです。その短編を長編にすることを勧めてくださり、出版まで導いてくださいました。

一作で終わってしまうと思っていたつながりですが、高波さんから「ホラーとかミステリーが向いていると思いますよ」とアドバイスいただいてエンマカンパニーを考えました。(ジャンル分けに悩むものになっていますが)
高波さんのすごいところは、なんというか、一緒に面白いもの考えましょうよという気持ちが強い。
大変お忙しいのに書いたものを読んでくださって、感想をくださいます。

閲覧数ばかりが気になり、投稿サイトでは文章が書きにくくなってしまう私のような書き手には特に、
まず信頼できるよき読み手を得ることが必要でした。この人が面白いというものを書こう、応えたい、という気持ちを起こしてくれるような。それが自然に、もっとたくさんの人に読んでもらいたいものになっていくのではないかと思っています。

こちらのリデビュー小説賞のことも高波さんに教えていただきました。編集者の方に読んでいただける、これだけでもすごいことですよね!!と。
リデビュー小説賞、はじめての試みでまだ次がお考えいただける段階ではないかと思いますが、よき読み手を求めている書き手にはたいへんありがたい機会、ぜひ続けてほしいなぁと今から願ってしまいます。

……たくさんしゃべってしまいました。

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #5

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,069 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です