セリフ詳細

高波一乱と申します、編集者兼作家として活動をさせて頂いております。


浜野稚子さん エンマカンパニー には、編集者として企画から相談に乗らせて頂いておりました。

狙っていた電撃大賞では、残念ながら最終選考に残れませんでした(3次通過)が、閻魔大王の子供達が「葬儀屋」「掃除屋(特殊清掃)」「整形外科医」という職業を通じて人間に関わっていくという面白い企画です。


作家性の話題が出ましたが、私が浜野さんに感じた才能は「不快な感情を読者に共感させることがとても上手い」というものでした。それを活かすことができるエンタメ企画を作ろうとアイデアを出し合ったものです。


完成原稿につきましては、ホラーなのか現代ドラマなのかキャラクターものなのか、少し中途半端な部分もありますので、そのあたりを流行やレーベルの傾向に合わせられればものになるのではないかと思っています。

文章力が高く、取材熱心な作家さんなので、一般〜ライト文芸に向いていると思います。


すでにご本人様がコメントを残されていましたが、応援として書き込ませていただきました。

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #5

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,069 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です