セリフ詳細

>出版社にどのような宣伝・プロモーションを期待されますか?


もしTwitterやブログをなさっているのであれば(公式のものでも、個人名義に近いものでも)「定期的に楽しく担当作の話をしていただく」ことが、個々の本の宣伝になり、レーベル全体のイメージアップに繋がるのではないかと感じています。


もしかしたら、ある月の数点の新刊のなかで、特に思い入れのある一作品の言及が多くなってしまうかもしれません。それはそれでいいのだと思います。アイドルグループのセンターを推すようなもので、それは、グループ全体への興味を掻きたてるのではないでしょうか。


ご担当なさっている本はもちろん、時には、個人的におもしろかった他社の本のお話もしていただけたら嬉しいです。

海外小説の編集者や翻訳家の方々は、大きな話題作が出たら出版社の垣根を越えて言及し、盛り上げようという雰囲気が比較的濃いように思います。そうやって、小説を愛している様子を拝見していると「この方々の手掛けておられる本も、今度読んでみよう」という気持ちになります。

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #5

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,069 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です