セリフ詳細

はじめまして。

ファミ通文庫から「愛原そよぎのなやみごと」という作品を出している雪瀬ひうろというものです。


早速ですが二つ質問させてください。


一つは、ラノベにおいて「パロディ」を使ったコメディ作品は編集部視点で、忌避されるのかということです。

パロディの度合いや元の作品に対するリスペクトがあるのかなどによっても変わると思いますが、パロディを使った作品は、「トラブル」を招く例もあると思います。具体的な書名は避けますが、「パロディ」の元になった作品のファンから攻撃を受けて、「炎上」していた本もあったと思います。

そういった例も踏まえて、編集部からすれば、たとえ面白くても「パロディ」を取り扱っているから、という理由で作品が忌避された例はあるのでしょうか。


もう一つは、ラノベにおける主人公についてです。

一昔前は主人公は「男子高校生」というのが不文律で、「女性」であったり「中年」が主人公という作品は一部をのぞいて、流行らなかったイメージですが、今は「おじさん」主人公の作品も増えてきていると感じています。しかし、それでも、まだ「ラノベの主人公は少年」といった風潮はまだあると思います。

そこで質問ですが、「面白いが主人公設定が売れ線でない」という理由で、ボツになった作品などはあるのでしょうか。


質問は以上二点です。よろしくお願いいたします。


リデビュー小説賞応募作

バケモノデイズ 外された首輪

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #4

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,069 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です