セリフ詳細

>出版社にどのような宣伝・プロモーションを期待されますか?


また同じ話に立ち返るのですが「作品単位でなくレーベル規模のプロモーションを」ということになりましょうか。「レーベルではどのような作品を求めているのですか?」「個別の作品ではなく、どういう本を横に並べたいのですか?」というのは「レーベルそのものをどういう風にプロモーションしていくのですか?」という話に行きつくわけで、つまりレーベルのブランディングですね。個別の作品はそれぞれの企画が動き出してから各担当編集者と作家の間で詰めていくしかない話ですが、編集長という立場にはそういった編集者、作家とはまた違った一層上のレイヤーでの役割があるものと思います。10年先にも読まれる作品を残していくために、これからの10年でどういう方向に舵を切っていくのか。ひとまずの立ち上げを終えた今の時期だからこそ改めてフォーカスすべきことであると思いますし、これまでのところ編集者、作家についての表層的な一般論に終始している印象なので、「講談社タイガの編集長」「講談社ラノベ文庫の編集長」という固有の立場からの言葉をもうちょっと引き出していきたいなと。どういうレーベルにしていきたいですか?

作品タイトル:NOVEL DAYS リデビュー小説賞 座談会(第二部閉幕!)

エピソード名:リデビュー小説賞 座談会 #5

作者名:講談社タイガ公式  kodansha_taiga

228|創作論・評論|完結|9話|126,227文字

【リデビュー小説賞】, 講談社タイガ, 講談社ラノベ文庫, 講談社ノベルス

191,069 views

「NOVEL DAYSリデビュー小説賞 座談会」

現在第二部も終了いたしました。

========================
■参加者
司会:作家 至道流星

講談社ラノベ文庫 編集長
講談社タイガ 編集長

リデビュー賞応募者のプロ作家の皆様

■開催概要
講談社が主催する「NOVEL DAYS リデビュー小説賞」についての座談会を開催いたします!
この賞を開催するにいたったの経緯や、現在の出版市況、小説に対する思いなどを、縦横無尽に熱く語っていただきます。

「リデビュー小説賞」の応募資格をお持ちのプロ作家の方々からのコメント、ご意見、ご質問なども大歓迎です。

*応募者や応募検討中の方へのご質問などにもお答えいたしますので、今回の座談会への参加者(書き込める方)は「リデビュー小説賞」への応募資格のあるプロ作家の方に限らせていただく形にて開催してみます。

座談会は、2018年10月18日(木)の16時頃~1週間後の25日16時頃までを予定しております。

リデビュー小説の開催概要はこちらをご覧ください。
https://novel.daysneo.com/award/kodansha001.html

*こちらの座談会は開催当時の紹介です