もう16だから

作者 宮島荘永

[学園・青春]

7

381

0件のファンレター

二〇二一年、高校生になった梅宮獅子夫は、あだ名のおかげで十六という数に敏感だ。その十六歳の誕生日を迎えたけれども、地球規模の流行病のせいもあって特に何事もなく過ぎる。翌日、登校日で学校に行くとクラスメートの女子・杉川が友人達からお祝いされていた。どうやら今日は杉川の誕生日らしい。彼女達の会話を聞くともなしに聞いていると、杉川は「十六歳で結婚したかったのに、できなくなった」と嘆いている。どういう意味だ?と首を傾げる梅宮だったが、程なくしてある法律の変更を思い出す。

目次

完結 全1話

2024年03月08日 10:35 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

もう16だから

宮島荘永  easaka-miyaei

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
【課題文学賞その十】, 16歳の話, 高校生, 結婚, 法律, 成人
総文字数
1,892文字
公開日
2024年03月08日 10:29
最終更新日
2024年03月08日 10:35
ファンレター数
0