細胞がバターのように溶けていく

[ノンフィクション]

5

281

0件のファンレター

 白衣の医学博士に率いられて歩く集団。その中の一人が、若き日の私だった。

 学生時代の思い出を描いたノンフィクション小説。

(「カクヨム」「小説家になろう」「エブリスタ」でも掲載しています)

目次

完結 全1話

2021年05月09日 22:10 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

細胞がバターのように溶けていく

烏川 ハル  haru_karasugawa

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ノンフィクション
タグ
【エッセイ賞】, 大学生, 細胞, ウイルス, 理系, 研究者
総文字数
4,755文字
公開日
2021年05月09日 22:07
最終更新日
2021年05月09日 22:10
ファンレター数
0