過ぎ去った後に

作者 TamTam2021

[社会・思想]

8

848

1件のファンレター

人生には過ぎ去った後に初めて気づくことがあるのではないでしょうか。
その時の意味を後になって分かりすぎるほど分かってしまい、後悔することが。
大切なことに気づかないまま終わってしまうのが私たちの人生なのでしょうか。
ファンレターさまの紹介と私のコメントも新たに掲載しました。

目次

完結 全1話

2023年07月22日 06:54 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

過ぎた後の哀しさ

切ない余韻で胸が一杯になりました。特に最後の一節で、涙色の風に吹かれたような気がました。人は何故、その時に気が付かないことが多いのでしょう。あの人は、あの時とても大切なことを言っていたのだと、ある時ふとわかることがあり、哀しみに襲われるのです。本当に、電車が横を勢いよく通り過ぎて行くという感覚がしっくり来るのです。あんなに大きくて、見逃さない物なのに何でもなかったかのように通り過ぎて行く。大切なことなのに、何でもっと注意深く聞かなかったのかと。もう一度その時に戻って今度はきちんと聞き取ることが出 ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

過ぎ去った後に

TamTam2021

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩, 随筆
総文字数
985文字
公開日
2023年07月21日 13:42
最終更新日
2023年07月22日 06:54
ファンレター数
1