積載パルクール

[現代アクション]

3

1,240

0件のファンレター

ビル街と学校、研究所が立体迷路のように入り組んだ街、飛別市。
両親の仕事の都合で引っ越してきた主人公の小学生男子「古崎臨」は、飛別市ではパルクールで行われる配送があることを知る。
新しい学校の登校初日、配送業を営む両親を持つ同級生の女の子「新川のぞみ」が、学校間の教材の融通のため、担任に配送を頼まれているところに、臨は居合わせた。パルクールを知らない臨は、のぞみの配送について行くことになる。
立体迷路で人が多く楽しい街を、素敵な人や気の置けない仲間たちと自由に跳べたら、きっと楽しい。

目次

完結 全2話

2021年08月28日 23:45 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

積載パルクール

小早敷彰良  kobayak

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
現代アクション
タグ
青い鳥プロット大賞, プロット, 現代アクション, パルクール, お仕事, 恋愛, 街, 探索
総文字数
1,253文字
公開日
2021年08月28日 23:38
最終更新日
2021年08月28日 23:45
ファンレター数
0