【短編】壁様、ありがとう

[ホラー]

2

126

0件のファンレター

【まじないと書いて呪い、「壁様、ありがとう」その言葉の本当の意味とは?】

高校二年生の桜井慎太郎は吉川ゆみ子のことに想いを寄せている。お節介同級生、羽田真衣は二人をくっつけようと、地元の恋愛成就で有名な「壁様」に慎太郎を連れていく。慎太郎は半信半疑ながらも、壁様に想いを告げる。翌日、ゆみ子から呼び出された慎太郎。付き合うことができたのか。そして、壁様に隠された本当の恐ろしさとは。「壁様、ありがとう」その言葉は、恋愛成就の「まじない」か、それとも「呪い」か。じわっと怖さの残る、オチのあるホラーです。読んで損はありません。ぜひ、サラッと読んでみてください。

目次

完結 全1話

2024年04月17日 11:24 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

【短編】壁様、ありがとう

西の海へさらり  salt_editor

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ホラー
タグ
短編小説, ホラー, 恋愛, 学生, 呪い, どんでん返し, 意外性, エンタメ, 面白い, ミステリー
総文字数
4,102文字
公開日
2024年04月17日 11:12
最終更新日
2024年04月17日 11:24
ファンレター数
0