第二〇話 織田三郎信長なのじゃ

エピソード文字数 2,933文字

 ◆天文十四年(一五四五年)八月中旬 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 信パパに勝利を収めた試し戦から三日後の本日。信長ちゃんから、将たちは左近の部屋に集合、との命令があって待機中。
 おれの部屋といっても、相変わらず客間の居候なんだ。
 自分の屋敷を貰えたら、念願のお風呂を造る野望があるので、早くなんとかしたいところ。信長ちゃんの機嫌がいいときにお願いしてみよう。

 どんっどんっどんっ! どんっどんっどんっ!

 おや。今日の美少女上司は早めのご登場。
「左近、入るぞ!」と返事も聞かず、どすりと座卓の前に座る。
 今日の信長ちゃんは、ポニーテールを黄色い平紐でまとめて髪飾りを着けている。
 姫武将姿も格別だけど、デフォルトのポニテもやはり捨てがたい。最近は色気付いてきたのか、微妙にアクセサリーを変えているのも、印象が変わって楽しいものだ。

 信長ちゃんの表情といえば、ん? 機嫌がいいような、悪いような微妙な表情している。感情をまったく読み取りにくい。
 と彼女の顔を見ていたら、ツンと目を逸らした。あれ? おれはなにか粗相をしてしまったのか?
 試し戦の時には満面の笑みだったのにな。

 やがて、ガヤガヤと諸将が集まってきた。
 今日のお題は、先日の試し戦の論功(ろんこう)に違いない。きちんと評価をしない上司は、見捨てられても文句は言えないから。
「揃ったようじゃな。先の試し戦は大儀(たいぎ)であった」
「ははっ!」と、諸将は揃って平伏する。

「ヌシらの力にて父上に勝利できたのじゃ。ゆえに褒美をとらす」
 将たちの期待の視線が信長ちゃんに集まっている。
「森三左衛門(さんざえもん)可成(よしなり))! 孫三郎(まごさぶろう)叔父(信光)以下、首を取らずとも数多(あまた)の将を討ち果たした功は比類(ひるい)ないのじゃ」
「我には過分の栄誉、以後も忠勤いたしまする」
「柴田権六(勝家)! 敵主力を少数で相手取ったうえ、押し切った戦さばき、見事じゃった」
「まだまだ暴れたりぬでござる! ワッハッハ」

 一番手柄は可成で二番は勝家。当然といえば当然だろうな。特に可成には、信長ちゃんとともに、窮地を助けられているし。
 信長ちゃんが各将を賞して、目録を渡していく。功に応じて、現代の価格で一〇〇万から一〇万円ほどのボーナスだ。もらった者は当然ながらホクホク顔である。

多羅尾(たらお)四郎右衛門(しろうえもん)! 甲賀(こうか)衆の(いくさ)道具(どうぐ)により敵を撹乱できたのじゃ。実に天晴れじゃ」
「はっ! 我ら忍び衆の功を賞していただくなど、感激の極みです」
 うんうん。隠れた功をきちんと評価する立派な名君ぶりで素晴らしい。だが、当の光俊は相変わらずの仏像スマイルで、表情がまったく変わらないから気になって仕方がないぞ。

佐々(さっさ)与左衛門(よざえもん)(成政)! 戦わずして小豆坂七本槍の二本をヘシ折った功は大きいのじゃ」
「台所に四刻(八時間)潜んでいた甲斐があったっす」
 兄二人に毒を盛った成政にはどっと笑いが起きた。

「最後に、長槍隊には銭二四貫(二四〇万円)を与える。三左と権六がうまく差配(さはい)するのじゃ」
「はっ!」
 あれ? 信長ちゃん、おれに褒美はないのか?
 確かに敵の首は取ってはいないけれど、試し撃ちもパーフェクトだったし、佐久間信盛も戦闘不能にしたぞ。
 そういえば、論功の相談もされていないしな。信長ちゃんに嫌われてしまったのか?
 あ、長秀が何やら信長ちゃんに耳打ちしているな。

「左近は……左近は……ワシの副将ゆえ、かの働きなど当然なのじゃ。より励め!」
 かの武田信玄に『副将だから良い働きは当然だ』と称された内藤(ないとう)昌豊(まさとよ)のような扱いなのか?
 たしかにヘタに大きな褒美を貰ってしまうと、妬みを買うからほどほどがいいのだが。全くゼロ評価というのは、かなり寂しいぞ。
 それに、キッとおれを睨んだ信長ちゃんの視線が気になる……。
 しくじった覚えは、全くないんだけどな。くっ。

「はっ! 必ずや」
 って、言うしかないよな。とりあえずは。
「して、父上から『三郎信長』の名乗りを得たぞ! ワシは織田三郎信長なのじゃ!」
「おおおおおおーーッ!!」
 やったぞ、信長ちゃん! 元服が許されたのだ。
 満面の笑顔で、とても嬉しそう。家中で実力を認められたのだから、おれも我がことのように嬉しいぞ。第一関門突破ってところか。
 諸将もうんうんと頷いてる。

「父上の戦を手伝うことになるゆえ、皆も励め! が、今日はめでたいゆえ、万千代(丹羽長秀)アレなのじゃ」
 きっとぜんざいパーティーだな、お約束の。
 ささっと、長秀が部屋から出るとすぐ戻ってきて、皆にぜんざいを配る。予め用意しておいたのだろう。
 あれ? 信長ちゃんは大杯ではなく、普通のお椀のぜんざいだ。体調でも悪いのだろうか。
 信長ちゃんは、浮かない顔をしてるようにも見えて気になってしまう。

「いやはや、ぜんざいは癖になりますな、うふふ」
「しかし、三左の武勇には驚いたわ。ワッハッハ」
「おれっちも早く元服できないっすかね?」
「わたしも実は、丹羽五郎三左衛門(ごろうざえもん)長秀の名乗りを許されました!」
「おお、五郎三左衛門長秀とは素晴らしき名前ですね」
 などと、ぜんざいパーティーは盛り上がってる。

 ところが、ふと気づけば信長ちゃんがおれの方に向かって歩いてくる。彼女に何かあったか、と気になってていたから丁度よかった。直接聞いてみよう。
 ところが、美少女上司はおれをキッと鋭く睨む。あれ? えっ!?
 バチーーーーン!
 ハリセン一閃。頭を叩かれた。

「なっ!? なっ!? なっ!?」
 意味がわからないぞ。なんで、なんで?
 鉄砲の改良だって、様々な改革だって、試し戦だって、頑張って成果も出したぞ。
 もしかして、謀反したときの明智光秀もこんな気持ちだったのか?

「左近! ヌシはツルでペタのワシは好かぬらしいな。試し戦で勝ったというのに、話が違うではないか。面白うないわっ!」
 言い放つと、信長ちゃんは怒って部屋から出ていってしまった。
 ツルでペタ? ツルペタ? 信長ちゃんがツルペタだから好きではない、なんて言ったか?
 この時代の小学六年生だから、当然ツルペタだろうな、とは思ってはいたけれど。
 あっ!  待てよ。確かに、お奈津にそんな事を口走ってしまった覚えがある。しまった。
 なんてことをお奈津は、信長ちゃんに言ってしまうんだ。どうする? ひょっとして大ピンチじゃないか?

 ◇太田牛一著『公記現代語訳』一巻より抜粋
 信長様の元服祝いの際に、滝川左近が信長様に鶴の件とぺたの件で、不都合があったため折檻された。鶴は鳥の鶴であろうが、ぺたは滝川左近の事であるから、南蛮渡りの物の名前であろうか。信長様に特に気に入られていた滝川左近が、折檻されただけに諸将は珍しがったということである。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み