第4話 口入れ屋

文字数 2,172文字


 着いた。
 佐久島(さくしま)の町だ。

 おぉ、時代劇のセットのようだ。
 木造の建物がずらりと並んでいる。平屋が多いが、二階建ての立派な屋敷も時折見かける。通りは大小の石などは無く、さほど歩きにくさは感じない。
 道行く人は、頭頂部を剃った丁髷(ちょんまげ)茶筅髷(ちゃせんまげ)や坊主等様々だ。女性は時代劇でよく見るあの髪型だ。髪飾りを器用に使って丸髷(まるまげ)を結っている。
 服装は小袖や浴衣が多く、股引(ももひき)を履いた職人や、肩衣や袴を着用した身なりの良い者も時折見かける。
 
 他の町を見たことが無いからなんとも言えないが、かなり大きな町という印象を受ける。

「刀は質屋にでも売るのか?」
「そうだな、刀剣商もあるが、どうせこれはナマクラだ。普通は質屋に売り捌く」

 道行く人に質屋の場所を聞き、言われた通りに道を進む。

 あった、あれだ。
 看板があるから分かりやすい。
 中に入り、主人に刀を差し出す。

「鞘は無いが、買い取ってくれ」
「はいはい、ちょっと待ってね」

 質屋の主人は、手持ち眼鏡を目に当てて刀を鑑定し始めた。

「これなら一両だね」

 サチを見るも異論は無さそうだ。

「あぁ、それでいい」

 くすんだ金色の小判を受け取り外に出る。
 5~6cmくらいだろうか、意外と小さい。

「サチ、価値が分からん」
「一両=4000文だ。お前に分かるように言うなら、一文は30円程だな」

 一両小判で12万円程か。だとしたら当分は暮らせるな。

 太陽がてっぺんを超えている、とにかく腹が減った。もう何でもいい、目に付いた店に入り適当にお任せする。

 草鞋を脱ぎ捨て足を洗い、小上がりの座敷で解放された脚を伸ばす。

 主人の妻だろうか、ご婦人が膳を二つ持ってきて前に置いた。テーブル等は無い、畳に置かれたものを食す。
 お、白飯なのか。煮物と汁物、香の物が乗っている。
 この身体を維持するのにタンパク質が欲しいところだが……お、椀には豚肉が入っている、豚汁か。煮物には鶏肉だ。
 周りを見渡すと、豚の生姜焼きの様な物を食べている人もいる。

「これは美味いな。見たところ時代背景は江戸時代の中後期あたりだと思ったが、食文化は発達している様に感じる」
「だから歴史は関係ないって言っただろ。剣豪の多くはこういう時代に多かったんだろ? ケンヤも幼少期はさほど変わらなかったんじゃないか?」
「あぁ、オレの子供の頃よりよっぽど良いもんが食える」

 晩年は脂っこいものが食べられず粗食だった。この食文化を楽しもう。この身体に投資もしないとな。それにはやはり金がいる。
 食後の茶を飲みながら、サチにオレの考えを伝えた。

「ここに来る道中で色々考えたんだが、オレに足りないのはやっぱり真剣勝負の経験だ。あのチュートリアルで、初めて人を斬ったくらいだからな。もちろん人を殺めた事も無い。だから仕事をしながらその経験を積む」
「アタシの意見は要らんだろ。お前の思う様にしてくれ」

 まぁ、こいつはそう言うわな……かなりの放任主義だ。もっとかまって欲しいもんだが。

 仕事を斡旋している場所があるはずだ。帯刀している武士も多く見かけた、刀を使う仕事があるのは間違いない。
 主人に聞いてみよう。

 茶を飲み干して草鞋を履く。

「ご主人、美味かったよ。また来る」
「おおきに! 五十文ですわ」

 約1500円、一食750円か。確かに価値は似た様なもんだ。

「ご主人、一つ聞きたいんだが、この辺りに仕事を斡旋してくれる所はあるか?」
「あぁ、それなら『口入(くちい)()』だね! 大きい声じゃ言えやせんがね、殺しの仕事も有るとか無いとか……」

 やっぱりあるんだな、そういう所が。場所を聞くと、そう遠くないようだ。

  
 腹も満たした、早速口入れ屋に行ってみよう。飯屋の主人に言われた通りに道を進む。

「あったな、これか」

 平屋建ての、入口が広い屋敷だ。
 中に入ると、カウンターに数人の(まげ)を結った男性が忙しく帳簿の処理をしている。そのうちの一人に声を掛けた。

「失礼、仕事を斡旋してもらいたいのだが」
「どういった仕事をお探しで? 大まかな分類はこんな感じですわ」

 なるほど……要人護衛、屋敷の警備あたりが狙い目か。他にも賊の退治、誘拐された人の救出などがあるが、それらの難易度は高そうだな。治安はあまり良くは無さそうだ。さすがに暗殺など露骨な依頼はこの書面には無い。
 ん? これは……。

辻番(つじばん)というのは?」
「あぁ、元は辻斬りを取り締まる為に出来たんだけどね、簡単に言うと町の治安維持だよ」

 辻斬り……仕事を失った浪人等が、通行人などを斬りつける行為だ。武芸の鍛錬の為や、刀の試し斬り、憂さ晴らし等の理由だったという話を聞いた事がある。
 町の厄介者を斬り捨てる仕事か。真剣での経験を積むのにはもってこいだ。

「これで頼む」
「はいよ、二人で行くかい?」

 あ……そうか、サチもいるんだ。
 腕を組んで立っているサチに振り返る。オレと男性の視線でサチが口を開く。

「アタシはコイツの従者だ。当然一緒に行くよ」

 随分と横柄な従者もいたもんだが……サチもこの仕事に文句は無いようだ。

「という事だ、頼むよ」
「じゃあ、町奉行(まちぶぎょう)様の所に行ってくれ。これが紹介状だ」

 なるほど、行ったことは無いが、ハローワークはこういう所なんだろう。
 昔版ハローワークの男は、わざわざ外に出て町奉行の場所を教えてくれた。

 言われた通りに来た道を戻っていく。
 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み